Sayalay's Dhamma book

仏教書の翻訳は2019年夏をもちまして一旦終了しましたが、2020年発生しましたコロナ禍により、修行者独習に供する為、『親知実見』を翻訳しています。過去に訳出した23冊は<菩提樹文庫>にて閲覧できます。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『親知実見』#27-1

問答(二)

問2-1:初心者は、如何にして定根と慧根をバランスすればよいのか?如何にして入出息念でもって智慧を修行するのか?

答2-1:一回目の法話の中において、我々は、すでに、五根をバランスする方法を述べたが、しかし、ここにおいてもまた、再度簡潔に解説する。

初心者にとって、定と慧をバランスする事は、特別重要としない。というのも、かれらは初心者であり、五根はいまだ、育成されていないが故に。

禅の修行を始めたばかりの時、通常、内心には多くの妄想がある。故に、五根は、いまだ強くなく力も無い。唯一、それらが強くて力のある時にのみ、初めてそれらをバランスする必要が生じてくる。

しかし、もし、初心者が、修行の始まりの段階において、五根をバランスする事ができるのであれば、それは当然、良い事である。

例を挙げて説明するならば、あなたは、今まさに入出息念の修習をしている。入出息念は呼吸に対する正念であり、呼吸を覚知するは慧(Pañña)である。呼吸に専念するのは念(sati)であり、一心に、呼吸に専注するのは定(samādhi)である。

呼吸を明晰に覚知せんとして努力するのは、精進(vīriya)であり、入出息念がジャーナに向かわせる事ができると信じるのは、信(saddhā)である。

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>

般若の独り言~上には上

本日、ITのニュースを見ていましたら、ののかちゃんという、2歳11か月の女の子が、歌でCDデビューしたとの事・・・歌っているのは『犬のおまわりさん』などの童謡。

う~~ん、以前、医師でピアニスト、という方のニュースを見たことがありますし、世の中、上には上が・・・私の孫はダンスが好きで、6歳の今、舞台に立つこともあるみたいですが、いやまぁ、自慢するのは止めておきます・・・親ばか、祖母馬鹿は、火傷します(苦笑)。

上には上が、だったら下には下が・・・と言って、自分より劣る者を探して、溜飲を下げるのは、絶対にダメ・・・

寝たきり老人、認知症老人、持病持ち老人、老若男女、万人の行く道は、結局は、生・老・病・死の苦しみの一本道(注1)、というのが、仏陀の教え。

ただし、ゴータマ仏陀は、悟りの一本道、涅槃への道も説いています。

どちらを行くかはあなた次第。

(注1:求不得苦、愛別離苦、怨憎会苦、五蘊盛苦と合わせて、四苦八苦)

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>

 

翻訳『親知実見』#26-1

<#26-1>は中国語原文P107~P121までの、脚注の翻訳です。

<注110>=色遍の門は《大般涅槃経》《勝処經》(A. 8.65)、《法集[論]義註・勝処論》(Dhs.A. 204-246)に記載されている。不浄と(我)空の門は《大念処經・身随観》に記載されている。空の想に対する更なる論述は、P58と問答5-9、P289を参照の事。

<注111>=《Paṭhamakosala Sutta》(A. 10.29)

<注112>=P87 参照の事。

<注113>=《Mahāsakuludāyi Sutta》(M.2.250)とDhs.203”Aṭṭhakasiṇaṃ Soḷasakkhattukaṃ”

<注114>=虚空は物質(色法)ではない為、虚空遍を用いて、遍処色を超越して、無色禅を成就することはできない。

<注115>=前の注を参照の事。

<注116>= この件に関しては、入出息念の異なる禅相に言及した時に、すでに説明した。P73を参照の事。

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>

般若の独り言~ピンクのマスク

なんだかなぁ・・・

今日の、ITの夕刊のニュースに、マスクのマナーとして、

マスク・濃いピンク・ダメ、薄いピンク・OK、

黒いスーツに黒いマスクOK、

白いシャツに黒いマスク・ダメって・・・

もうかれこれ一年以上、ほぼ自宅監禁状態で、その上、マスクの色ご指定って、疲れませんか?(上記のマナーはサラリーマン向けだそうですが、マスクの色くらい、自分で決めさせて下さいよ)

去年の今頃、台湾でマスクがぎりぎり、足りるか足りないかくらいの時、親が薬局で購入したピンクのマスク(ピンクしかなく、仕方なく購入)を小学生(男の子)が学校につけて行き、友達に笑われた時、この事を知った政府の大臣の方々がどうしたと思います?

翌日、TVの定例会見の時、男性の大臣全員がピンクのマスクをつけて出て

「ピンクだって恰好いいよ!」

と声をそろえて言ったそうです。

政府の重鎮の方々が率先して、男はピンクはダメ、という偏見を見事に打ち破ってくれました!

私は日本生まれの台湾人で、台湾で生活した事がないのですが(瞑想の修行には行きますが)、台湾に行くと、人々が暖かくてホッとするんですよね。 

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>

 

般若の独り言~スリング

ペキニーズのオハナが我が精舎に来てから、もう10年経ちました(保護犬で、推定15歳)。

今年の冬はとても寒くて、オハナは日の当たる二階で、蒲団にくるまれてヌクヌクしていたのですが、好事魔多し・・・あまりにのんびりしたせいで、オハナの後ろ足がめっきり弱くなって、よたよたしています。

獣医さんに解決策を聞くと、よく散歩する事、毎日10分3回ほど、後ろ足を支えて、しっかり立たせる事、との事でした。

最近暖かくなりましたので、まずは散歩から・・・

精舎の周りは階段と急坂があるので、オハナがへばった時に、楽に抱っこできる様に、スリングを作りました。

参考にしたのは釘村千夜子さんの『ねんねこりん』

一枚出来ました!

その内写真、UPします!!

(スリングって、南米やネパールの山岳民族が使っている、大きな長方形の風呂敷を輪に縫って、肩にかけて使う<カンガルーの袋>みたいのと同じですね。険しい山道を上り下りするのに、両手が空いている方がよいので、彼らは、スリングを好んで使うのでしょう。

あと何枚か作って、買い物時のエコバッグにしてもいいみたいです。)

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>

翻訳『親知実見』Knowing and Seeing #25-5

如何にして非想非非想処定を修習するか

四番目の無色禅は、非想非非想処定と言う。

この様に呼ぶのは、このジャーナの中において、「想」が極めて微細であるからである。

実際は、このジャーナの中の、すべての名法は皆極めて微細である;

故に、同様に、以下の様に描写する事も出来る:

非受非非受、非識非非識、非触非非触等など。

ただ、このジャーナは「想」でもって、命名しており、かつ、無所有処禅心を所縁としているのである。

非想非非想処定を修習する為に、あなたは無所有処定の欠点を思惟しなければならない:

それは識無辺処定を近い敵として、かつ、非想非非想処定の寂静には及ばない(と思惟する)。

次に、想は病、傷、棘であると(思惟する)。

もはや無所有処定を求めない事とし、その後に、あなたは非想非非想処定のさらなる寂静の本質を思惟し、その後に、無所有処禅心を「寂静、寂静」と、継続して専注しなければならない。

当該の寂静相に、ジャーナを証得するまで、持続的に専注し、その後に五自在を修習する。

これが第四番目の無色禅であり、非想非非想処定と呼ぶ。

本日、我々は、如何にして十遍及び八定:四種類の色界禅と四種類の無色界禅を修行するかについて学んだ。

次回の法話では、我々は、如何にして慈・悲・喜・捨。

の四梵住(brahmavihāra)と、慈心、仏随念、不浄修習と、死随念の四護衛禅(caturārakkhabhāvanā)を修行するのかについて学ぶ事にする。

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>

般若の独り言~脊髄反応の人

物事をよく考えないで、他人の言動に、何でもかんでも反論したり、即反発して、荒っぽい行動を取る人の事を、

<脊髄反応の人>というらしいです。

先日、台湾出身の比丘尼さんと、電話でお話(北京語)をしていて、彼女が

『Babufaって知っている?』と、私に聞きました。

私はとっさに<八歩法>だと思い、

「いや~、知らないです」

と答えたのですが・・・電話を切った後、

「あっ、あれは龍樹の八不法(八不の縁起、八不中道)の事だ!」

と思い出して、結構悔しく思い、早速、

【あれは龍樹の八不の法で、私は本当は知っていたのですよ】【あの時の電話では、度忘れしただけです】

という手紙を書きました。

で、宛先を書いた封筒に、切手を貼ろうとして・・・

う~~ん、小さな誤解を解くために、速攻で行動するって、これ、結構、脊髄反射的だなぁ、と我ながら恥ずかしくなり・・・

私は、子供の時から[他人から誤解される]のが、極度に苦痛なタイプの人間で・・・

一日黙っていろ、と言われれば、その様に出来るのですが、反面、他者からの誤解を解こうとして、自己中的に、延々と話をしてしまう癖をもっている・・・

今回の出来事がきっかけで、自分の脊髄反射ぶりに気が付きました。

今後は、誤解されてもぐっと我慢、どうしても反論するならユーモアで・・・頑張ってみよう!!

(とは言っても、我慢はできても、ユーモアというのは、難しいなぁ)

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>