Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2016-09-09から1日間の記事一覧

是誰庵のひとやすみ~マーガレットさん

(↑ 青息吐息だったのが、少し気色が 良くなりました。) 以前、知り合いの方からマーガレットの抜き苗 を貰ったのですが、残念ながら、定着しません でした。 先日、用事で隣の町へ出かけたとき、ホーム センターで、枯れかけのマーガレットを見つけ、 同じ…

「修心与神通」(翻訳文)-6

5、定を修習する者はどのような善巧なる調伏 法門によって定の境地に安住するのか? 通常は、人はみな一種の間違った考えを持っていて、自分が一人の師父(=指導者)を見つけて、己に一つ呪文か、またはまじないを教えてくれて、禅七(=七日間のリトリー…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-175

問1-10:禅師、以下の質問にご回答をお願い します: 1、禅師の教える業処の内、断食法と禅の修行 の組み合わせ、というものはありますか? 2、断食は禅の修行に利益がありますか? 不利益がありますか? 3、上座部の経典の中で、仏陀の声聞弟子が断 食で…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-174

問1-9:釈迦牟尼仏はかつて、阿羅漢たちに授記 をしている:(+その阿羅漢たちは)幾劫の 後に、どこかの地において仏になるでしょう。 しかし、阿羅漢はすでに煩悩を断滅していて、 後有を受けないため、この期間の寿命が尽きる のを待って、般涅槃に入り…