Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2016-10-25から1日間の記事一覧

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213-7

あなたは、先に、この三種類の中の、最も顕著な一種類を識別し、次に、一つ毎の、初禅の速行心刹那の中において、それを識別する。 その後に、あなたはその他の、一種類ごとの名法を、一回ごとに一つづつ増やすようにして、識別しなければならない。 始めた…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213‐6

<如何にしてジャーナ心路過程を識別するのか> もし、あなたが、安般念またはその他の法門によって、ジャーナに到達することができるならば、名法を識別する最もよい方法の起点は、ジャーナと相応する心と心所を識別することである。 このようにすることに…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213-5

<如何にして名法を分析するか> まず最初に、《アビダンマ論 Abhidhamma》の基本原則を、簡単に説明する。 もし、名業処を理解したいのであれば、先にそれらの原則を、知らなければならない。 《アビダンマ論》の中においては、名(名法;精神)は、対象を…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213-4

<如何にして、色聚の分析をするか> 色聚には、二種類ある。 すなわち、明浄(透明)色聚と非明浄(不透明)色聚である。 浄色(pasāda-rūpa)(五浄色の中のどれか一種類)を含む色聚だけが明浄で、その他の色聚は非明浄である。 先に、個別の明浄と非明浄…

是誰庵のひとやすみ~『無我』、菩提樹文庫で公開!!

翻訳本ご講読の皆様へ: 過日、<菩提樹文庫>様よりご連絡があり、私が翻訳して、当ブログで公開した、タイのブッダダーサ尊者の著書『無我』の日本語版が、<菩提樹文庫>にて、近日中に公開されるようになりました(現在、鋭意、校正中)。 公開されまし…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213-3

全身の、頭から足までの、その12種類の特徴を識別できるようになったならば、あなたは、前に述べたように、観察の順序を地・水・火・風に変更して、引き続き、再三再四、それらを識別するべきである。 このような順序で、頭から足まで、そのそれぞれの特徴を…