Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2016-10-26から1日間の記事一覧

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213‐11(最終回)

<観禅> 究極名色法と縁起を分析した後、あなたは、次に、観禅の修習に進み(+修習が成功したならば)、それらを無常・苦・無我として観照することができる。 しかし、あなたがいまだ究極名色法と縁起を分析していない前には、あなたは、観禅の修習はでき…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213‐10

<如何にして未来を識別するのか> 過去世の因果を識別することを通して、観智の力を育成した後、あなたは、また、同様の方法で、来世の因果を識別することができる。 あなたは、今後において、変化するであろう未来を見ることができるが、それは、過去と現…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213‐9

<実例> 更に明確に理解を進めるため、私は、実際にあった例をあげて、禅の修行者が、どのような現象を識別できるのか、を説明する。 ある一人の女性の修行者が、前世の臨終時の名色法に専注し、かつ追跡調査しているとき、彼女は一人の女性が、果物で以て…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~213-8

<如何にして縁起を識別するのか> 今、あなたは一番目の観智を証得した。 それはすなわち、分別智である。 この智を証得した後、あなたは、縁起の修習に進むことができる。 すなわち、名色法の因を分析することである。 あなたに、今世の、この生を受けさせ…