Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2016-11-08から1日間の記事一覧

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)2-3

第一節 仏陀 まず最初に、我々は、確信をこめて、こう言いたい: 仏陀は神ではない! 仏陀は人間で、歴史上に実際に存在した偉人 である。 紀元前624年太陽暦5月の満月の日、古代インドのヒマラヤの南麓の釈迦国(Sakya)の王都 カピラバットゥ(Kapilavatth…

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)2-2

第一章 仏教とは何か? 人は言う:仏教は宗教である。 人は言う:仏教は文化である。 人は言う:仏教は科学である。 人は言う:仏教は哲学である。 人は言う:仏教は教育である・・・。 仏教とは一体何であるのか? 仏教、パーリ語では Buddha-sāsana という…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-1

<転法輪経解説> 1、縁起 《転法輪経》は、仏陀が成道後、開示した最初の経で、この経が開示された対象は、五人の比丘である。 シッダッタ太子は、出家して間もなく、剛毅な気力をもって、ウルヴェラ(Uruvera)の森の中で各種の苦行を修行した。この五人の…

是誰庵のひとやすみ~280・230

280・230、フリーメーソンの暗号? ではありません(笑)。 私はお餅が好きで、我が家のホームベーカリー の<お餅モード>でお餅をつくときの、 もち米と水の割合です。 (280gのお米に230㏄の水、という意味です) これ、取説を見ないでも、覚えています。…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」~択法覚支番外編

先日、読者の方から<「顕正法蔵」2-11> の文中、択法覚支の説明の段落中に 書かれている『善き巧みな方法』とは何か? というご質問を、頂きました。 細かく解説しますと、以下の通りです: 安般念を実践している時、息の四大の特徴、 すなわち、息の中の…