Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2017-01-02から1日間の記事一覧

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)3-17

第五節 煩悩の表れ 煩悩が生起する時、それは、三種類の門(通り道、パイプ)を通って出現する: 1、身体的な行動ーー身門; 2、口頭の言語ーーー語門; 3、心内の意念ーーー意門。 身門、語門と意門を通して造作されるものを、我々は、業と呼ぶ。それは…

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)3-16

こういう事から、いわゆる煩悩とは皆、心内と外境の双方向の関係性によって生じるものである事が分かる。 心だけがあって、外境がなければ、煩悩は生じないし;外境だけがあって、心がなければ、煩悩は生じない。 これは一対の関係ーー心内と外境の関係性な…