Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2017-01-09から1日間の記事一覧

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-41

彼は随観(anupassati)・・・:彼は禅智によって、作意を保持し、入息と出息の身(=全体)または禅相について、それを見ることを安定的に持続させ、かつ、観智でもって(作意を保持し、安定的かつ持続的に)色身と名身を見ること。 これが、なぜ「身を身と…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-40

しかし、それ(身)は念ではない: 身(=息全体)は、「打ち建てられる」とは言われるが、しかし、それを「念」とは呼ばない。身は念の目標であるが、しかし、それは正念を保持するための作為ではない。 念は打ち建てられる(処)であり、同時に念の両者で…

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)4-6

経典の中では通常、ある程度の、高度な定力を ”禅定” と呼んでいる。 禅定とはすなわち、心が高度な専注の状態にあることを言う。 人が、もし禅定の境地に到達することができたならば、その心は、極度の喜悦、楽しさ、安寧と殊勝な状態を、非常に長い時間、…

是誰庵のひとやすみ~身苦心不苦

もう 40 年以上前になりますが、台湾で釈従信比丘の 大乗仏教批判の書「阿含正見」に出会って、夢中になって読んだ事があります。 彼に手紙を出した所、自著を次々と、送ってきてくださいました。 その中に「37菩提分」というのがあり、よく「身苦心不苦」と…