wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

2017-02-10から1日間の記事一覧

★「目の中の塵」(翻訳文)1-12

ある種の人々にとっては、困難を覚える中で、必要なのは励ましと支援であり、ある種の人々にとって必要なのは、安静と反省である。 どのようであろうとも、我々はその中に、一貫して、心の汚染を消滅させる必要性であることを発見する。 結論を言えば、我々…

★「目の中の塵」(翻訳文)1-11

仏陀はチャンナを黙擯したが、それは、彼が、これよりほかに、チャンナを調伏する方法がないことを、知っていたからである。また、そのほかには、その他のサンガの僧侶たちが、これ以上、精神的苦痛を受けないように、保護する必要もあったのである。 故に、…

★「目の中の塵」(翻訳文)1-9

ある時、ある一人の比丘の行為があまりにもひどくて、仏陀は森に入り、言った: 「私は、私の知っているすべての教えを、私の弟子に伝えた。しかし、ある種の弟子は、それを受け入れない。」 そして、物語は以下のように続く: 仏陀は森の中で閉門蟄居し、彼…

★「目の中の塵」(翻訳文)1-8

もし我々が普通の人間であるならば、悪を恐れなければならないし、悪を恐れれば恐れるほど、誘惑されなくなるであろう。 しかし、これは我々が、他人、教師、法またはすべての善なる物事を恐れなければならない、という事ではない。 我々が唯一恐れなくては…