Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2017-08-23から1日間の記事一覧

☆「掌中の葉」(翻訳文)4-20

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> なるべく速く第一、第二、第三、または第四禅を証悟したいと思うが故に、非常に多くの修行者は、(個人向けの)特別業処を、急いで修習しようとする。 彼は軽率にそそくさと「普通適用業処」を修習するか、または…

☆「掌中の葉」(翻訳文)4-19

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 仏陀は、二番目の定の修習方式を、良馬の定の修習方式だ、と言った。 仏陀は山達比丘に言う: 「山達。良馬の方式でもって、定の修習をなせ。決して、駄馬の方式で、定の修習をしてはならない。」 「山達。何が、…