Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-04-17から1日間の記事一覧

FDC資料「37道品ハンドブック」4-8 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「観」(Vīmaṁsa)とは、明確にはっきりと地獄、輪廻における巨大な痛苦を覚知する事の出来る知識または智慧を指す。 この種の知識は、明確…

FDC資料「37道品ハンドブック」4-7 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「心」(Citta)は、修行者が、仏法に接触したり、仏法を聞いたりした時、「如意」に固着(=執着)する事を言う。 この種の固着は、極めて…

FDC資料「37道品ハンドブック」4-6 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「勤」(viriya)は、四種類の特徴を持つ正勤・精進を言う。 「勤」を有する修行者は、精進・努力しさえすれば、目標に到達できるのだとい…

FDC資料「37道品ハンドブック」4-5 ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) ちょうど、ビンビサーラ王(《小部》(戸外経))や、ヴィサーカ居士、及びアナタビンディカ長老(《法句経注疏》第一偈頌、参照)の例のよ…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』3-16

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 1、欲俱生増上縁 「欲神足」が生起する時、それと同時に生起する名色法を、縁生法と言う。それでは、縁力は何か? 俱生増上縁が縁力である。 以下に説明を加える。 仏陀の時代、名を護国(Raṭṭhapala)と言う所…