Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-04-28から1日間の記事一覧

FDC資料「37道品ハンドブック」8-5 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「定蘊道」に関しては、合計二種類の実践方式がある。 それぞれ、一つは、「純粋直観行」(saddha-vipassanā yānikaただ直観だけを修行する…

FDC資料「37道品ハンドブック」8-4 ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「慈心禅定」と関連する「思惟」は「無恚思惟」で、「悲心禅定」と関連するのは「無害思惟」で、その他の禅定と関係のある「思惟」は「出離…

FDC資料「37道品ハンドブック」8-3 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「正思惟」は「尋」の作用である。 というのも、「正思惟」は「智慧」の先駆であるので、「智慧」の範疇に入るが故に。 「思惟」には合計三…

FDC資料「37道品ハンドブック」8-2 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 故に、「37道品」の中の「戒清浄道」は、「遠離依止」「離貪依止」の戒律を、意味する。 その根拠とは: 「正語を修習し、遠離依止し、離貪…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』6-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 四、心、心所と心生色 例えば、我々の心の中に、嫌いな人・敵の事を思い浮かべると、瞋恚と恨みの心と、それに相応する心所の作用によって、顔色はすぐに黒くなってしまう。 嫌いな人を思う事(瞋恚の心とその心…