Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-04-30から1日間の記事一覧

FDC資料「37道品ハンドブック」10-8 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 仏法における遺産には、二種類ある。 それぞれ、善の遺産と、悪の遺産である。 継承者にも、二種類ある。 善の継承者と、悪の継承者である…

FDC資料「37道品ハンドブック」10-7 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 私は、例を挙げて説明する。 《学人行道経》の中で、仏陀は以下のように言う: 「戒蘊の成就によって聖者となれ!」 (《相応部》・大品・…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』7-1

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 7、相互縁(Aññamaññapaccayo) 相互縁においては、一つひとつの縁法が、縁生法を支援していると同時に、同様の方式において、後者の支援を受けて、縁生法となりえるものがある。 これはちょうど三脚のようで、…

FDC資料「37道品ハンドブック」10-6 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 「三学」、「七清浄道」、「37道品」は皆、「九世間法」(四道、四果と涅槃)に相通ずる修行の法門である為、「法随法行道」(dhammānudham…

FDC資料「37道品ハンドブック」10-5 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) この七種類の継承者の内、前の五種類「仏法における追随者または同事(=中間)」だけが「食財味遺産」の四種類の必要性を継承する事ができ…