Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-05-07から1日間の記事一覧

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』8-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> ある時、仏陀が、ある村に出かけて行った。 村の国王(ママ)は、すべての村人に対して、仏陀に会いに行くように、会いに行かない者は罰金を科す、と命じた。 王子は、それをあまり快く思わなかったが、彼はアー…

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」2-15(50 /230)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 「すでに未覚を打ち破って覚悟(=悟り)を獲得した者を仏陀」となす」ーー上記の語彙は、菩提(buddhi)、菩当((buddhaṃ)、鉢多(bodho)などと関係がある。 青、赤から派生して、青い布、赤い布などの言葉が…