Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-05-11から1日間の記事一覧

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』9-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> ■外 環境、気候等が含まれる。 たとえば、英国の気候は比較的陰々としており、何人かの英国在住者が言うには、英国では非常に多くの人がうつ病になるのだ、と。 彼らのうつ病は、部分的には、気候の影響を受けて…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』9-4

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> ■現在 現今の仏教界の内で、パオ禅師(=パオ・セヤドー)によって代表され、指導される所の止・観禅法は、非常に広範囲に(+世界中に)広がって伝わっている。 彼は、安般念だけではなく、十遍、無色禅、四梵住…