Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-05-21から1日間の記事一覧

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』13-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 善悪の業を造(ナ)す時、その主因は、思心所である。 一人の人間の思心所が、どれ程に強いかによって、その人の業もまた、強くなる。 ちょうど、我々の手の中にあるボールが、強い力で壁に打つ付ければ、強い力…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』13-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 「業はどこに蔵されているのか?」 あなたはとても知りたいに違いない。 業に潜在するエネルギーを、我々は見る事ができない。 ちょうど、一粒の種が、因と縁が具足すれば、やがて芽を出すであろう、その潜在的エ…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』13-4

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 意業は、三種類あり、それらは: 1、貪婪――貪心所と、他人の財物を得たいと思う欲望が、同時に生起する事。 2、瞋恨ーー瞋心所と、他人が傷つき、苦痛に出会うのを望む欲望が同時に生起する事。 3、邪見ーー業…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』13-3

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 一、異刹那業縁 善業または不善業に関わらず、そのすべてにおいて、業縁の縁力が、名法及び業生色法を支えている。 異刹那業縁は、業と果報は、同時には生起しない事を、表している。 すなわち、植えた因は、ある…