Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-06-07から1日間の記事一覧

★飛び入り翻訳~《基礎発趣論(業縁と果報縁)》2-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 業は種子の如く 古徳と論師たちは、「業」を「種子」に例える事が多い。 大樹はなぜ大きくなるのか? それは種子があるが故に; 若し種子がないのであれば、木は育つ事ができない。 大樹が成長するのは、色々な種…

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」3-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> この(不与取)には、五種類の構成要素がある: 「他人の所有物である事、他人の所有物であるという思がある、盗む心、行動する、及び当該の行動によって、取る事」である。 自ら取る、などの六種類の方法がある…

★飛び入り翻訳~《基礎発趣論(業縁と果報縁)》2-4

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 異刹那業縁(注7) (nānākkhanikakaṃ) 次に、読者の皆様が比較的理解しやすい「異刹那業縁」と、比較的理解しにくい「俱生業縁」について、説明する。 異刹那業縁とは、今現在造(ナ)した善業が、いまだ報いを…