Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-07-15から1日間の記事一覧

般若の独り言~宗教と科学

先ほど、IT を見ていましたら、「ダ・ヴィンチ・コード」の作者が、新しい本を出した、との事です。 彼は子供の時に教会に行って 「聖書と進化論と、どちらが正しいの?」 と聞いたら、聖職者に 「よい子は、そんな事は聞かないの」 と言われた、のだとか(…

『阿羅漢向・阿羅漢果』1-8

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 念住は、一たび焦点を失うや否や、煩悩は突進・進入して来て、あなたの心をば、遥か昔に連れ去るか、または、未だ来ていない将来に、連れ去ってしまう。 その時、心は安定しなくなり、目標を見失って、妄想・夢境…