Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-10-27から1日間の記事一覧

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(2-3)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 1、念の行処、範囲を念処と言う (satigocaro satipaṭṭhānan’ti vuccati)。 2、念の住立、確立、建立、安住、依止、支持する所の処を念処と言う。 例えば ”住立はここにおいて住処である。 誰が住立するのか? …

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(2-2)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 当該の経の名は《大念処經》といい、その意味は、 ”念処”(+とは何かを)を教える経典という事である。 念処、パーリ語 satipaṭṭhāna は、sati と paṭṭhāna によって、構成されている。 sati とは 念であり、そ…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(2-1)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 中国語訳序説 《大念処經》(Mahāsatipaṭṭhāna Sutta)は、パーリ三蔵の《経蔵・長部》第22経と《中部》第10経に収録されている、非常に重要な経文である。 この経文の、南伝上座部仏教においての、その地位の重…

般若の独り言~『涅槃証悟の唯一の道』について

本日より、パオ・セヤドー著『涅槃証悟の唯一の道』の翻訳を始めました。 『涅槃証悟の唯一の道』について一言。 中国語版の題は「証悟涅槃的唯一之道」といいます。 パオ・セヤドーが執筆された緬甸語の当該著書は、非常なる大部です。 上記「証悟涅槃的唯…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(1‐3)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第五章 業処の観 三種類の遍知 第一節 業処の観の第一段階 三種類の身 色業処 四界分別観簡略法 四界分別観詳細法 九種類の業生色聚 八種類の心生色聚 四種類の時節生色聚 二種類の食生色聚 四種類の相色 ”色”と…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(1-2)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第二章 大念処經 総論 止業処 観業処 第三章 総論 第四章 止業処 第一節 入出息 ただ入息を念ずる、ただ出息を念ずる 四種類の典型的な問題 第二節 長短息 長息と短息 轆轤師の比喩 禅相 異なる種類の禅相 第三節…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(1-1)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 目次 中国語訳序説 第一章 序論 四つの完成させるべき任務 遍知するべき苦聖諦 断じ除くべき苦集聖諦 証悟するべき苦滅聖諦 修習するべき苦の滅に導く道聖諦 四つの任務(法随観法ーー四聖諦) 止と観は修習され…