Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-11-27から1日間の記事一覧

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(6-1)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第四章 止業処 第一節 入出息 彼はただ入息をのみ念ずる、 彼はただ出息をのみ念ずる 《大念処経・入出息念の部分》において、仏陀は比丘を指導するにおいて、修行者は、どこへ行って禅の修行をするのか、どの様…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(5-2)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 仏陀の教えに基づけば、四種類の随観すべては、五取蘊を遍知する為の、唯一の道であり、それはまた、五取蘊の生起の因を断じ除く唯一の道でもあり、また五取蘊の滅尽を証悟する為の唯一の道であり、五取蘊の滅尽…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(5-1)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第三章 総論 今、我々は《大念処経・入出息念の部分》の教えに基づいて、簡単にその意味と段階を追って修行する順序について解説した。 <序論>の部分において、我々はすでに、涅槃を証悟するために必要とされる…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(4-3)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (原文P 55/160) 観業処 観業処の第一段階 【[1.1]斯くの如くに、あるいは内(ajjhattaṃ)の身随観身において住する。 [1.2]あるいは外(bahiddhā)の身随観身において住する。 [1.3]あるいは内外(ajjha…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(4-2)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 【(1)入息が長い時、’私は入息が長い’ (dīghaṃ assasāmi) と了知する。 出息が長い時、’私は出息が長い’ (dīghaṃ passasāmi) と了知する。 (2)入息が短い時、’私は入息が短い’ (rassaṃ assasāmi)と了…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(4-1)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第二章 大念処経 (入出息念の部分) 総論 【比丘たちよ。 これは唯一の道である。有情を清浄し、愁、悲を超越し、苦、憂を滅し除き、如理に得達し、涅槃を現証する。これすなわち、四念処である(cattaāro satip…