Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-11-28から1日間の記事一覧

般若の独り言~アナパナ修習の問題点(禅病について)

本日、『涅槃証悟の唯一の道』の<No. 6-3>を翻訳しました。 そこには「アナパナ・サティを修習する時の注意点」が 四項目書かれています。 アナパナを修習される方は、必読です。 私は 20年前に、緬甸のモーラミャインにあるパオ本山で修行をしていた時に…

『涅槃証悟の唯一の道』★パオ・セヤドー著(6-3) 重要必読

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> この方法で修行する時、ある種の禅修行者は、いくつかの問題に遭遇する。 その代表的なものは、以下の四種類である: 1)目で呼吸を観ずる: 目で呼吸をみてはならない!もし、あなたがその様にするならば、目が…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(6-2)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> これが入出息(ānāpānassati)であるーーすなわち、ジャーナ(jhāna)を証得する為に行う禅の修行の業処として、呼吸(ānāpāna)を所縁に取る(+修行方法の)事である。 禅修行を行う始め、あなたはリラックスし…