Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-12-06から1日間の記事一覧

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7-23)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (100/160) (6)語表声軽快性等13法聚 (vacīviññatti sadda lahutādi terasaka kalāpa): 基本的な八種類の完成色+音声(これらはみな完成色である。観智で観照する必要がある)+語表+軽快性+柔軟性+…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7-22)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (5)語表10法聚(vacīviññatti dasaka kalāpa): 語表とは、他人に向かって己自身の意志を表明し様としたり、他人と交流し様とする時、発音器官から発せられる言葉又はその他の音の事である。例えば、叫ぶ、泣…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7‐21)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (3)軽快性等の11法聚 (lahutādi ekādasaka kalāpa): 基本的な八種類の完成色(観智によって観照されなければならないもの)+軽快性(lahutā)+柔軟性(mudutā)+適業性(kammaññātā)(これらはみな、非…

般若の独り言~翻訳の速度と今後の翻訳

現在、パオ・セヤドーの『涅槃証悟の唯一の道』を翻訳していますが、速度が速い、速すぎる(結果、ボリュームがすごい)というお褒め?ご批判?が、出ております(笑)。 長年、パソコンを使って、仏教書を翻訳してきました為に、ほとんどの仏教用語は単語登…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7-20)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 八種類の心生色聚 (1)心生純八法聚(cittaja suddhaṭṭhaka kalāpa): それは基本的には、地、水、火、風、色彩、匂い、味と栄養素という、八種類の完成色(nipphanna rūpa)によって、構成されている。 この…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7-19)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 現在世(=現世)において生起する所の、九種類の業生色法は、過去世またはもっと以前の、ある一世において、造(ナ)された業が、その原因である。 過去世において生起した業生色法は、その前世またはそのもっと…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7-18)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 九種類の業生色聚 六処と 42身分の色法を分析する時、あなたは九種類の業生色業(kammajakalāpa)を見ることができる: 1)眼十法聚(cakkhu dasaka kalāpa)。 2)耳十法聚(sota dasaka kalāpa)。 3)鼻十…

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(7-17)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 風界の六つの部分 1)上行風(uddhaṅgamā vātā)。 2)下行風(adhogamā vātā)。 3)腹内風(kucchisayā vātā)。 4)腸内風(koṭṭhāsayā vātā)。 5)肢体循環の風(aṅgamaṅgānusārino vātā)。 6)入出…