Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-03-28から1日間の記事一覧

般若の独り言~仏教的バランス社会

3月に、本雅難陀禅師のリトリートを終えて、帰国の日まで、台北の<北投>という小さな町の旅社で、二泊した時の事。 リトリートに参加していた青年が、訪ねてきてくれました。 彼はいいます「本雅難陀禅師が日本に行く時、私がカピヤ(浄人。比丘の随行をす…

翻訳『禅修指南』3-50

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> もし、あなたがすでに、外在する骨格の白色でもって、白遍の四禅までの、修行ができているのであれば、あなたは外在する頭髪で、褐色(または青遍;黒遍)の修行をする事ができる; 外在する脂肪、または尿でもっ…

翻訳『禅修指南』3-49

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《十遍》 遍禅には、四種類の色彩がある、 すなわち: 白、褐色、黄色、赤である。 褐色(nīla)と訳されている色彩は、黒色または青色とも、訳される。 この四種類の色遍は、身体の、異なる部位の色を採用して修…