Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-05-02から1日間の記事一覧

翻訳『禅修指南』8-17

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《受、識または触の識別から始める》 《中部註》(Majjhima‐Aṭṭhakathā)は、 以下の様に言う: Tividho hi arūpakammaṭṭhānena abhiniveso phassavasena vedanāvasena cittavasenā'ti. 名法の識別に関する入門法…

翻訳『禅修指南』8-16

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《先に識別するべき名法》 《殊勝義註》(Dhammasaṅgani‐aṭṭhakathā)では、以下の様に言う: ’Tasmā taṁ rūpaṁ ārammaṇaṁ katvā uppannaṁ vedanaṁ saññaṁ saṅkhāre viññāṇañca idaṁ arūpanti paricchinditvā ani…

翻訳『禅修指南』8-15

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 三個の離心所 20、正語(sammāvāca): 生きていく上で無関係な妄語、両舌、悪口、綺語の四悪語から遠く離れる; 悪語を言わない。 21、正業(sammākammanta): 生きていく上で無関係な殺生、偸盗、邪淫の三身悪…

般若の独り言~深山おだまき

オダマキという植物は、深山にしか咲かないらしいです。 般若精舎は、深山にある訳ではないですが、私が借りている駐車場の傍に、このオダマキは咲いています(精舎は、敷地は結構広いのですが、そこへ到る進入路が、切り通しとあぜ道で、どれも人間がかろう…

翻訳『禅修指南』8-14(110/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 19個の遍一切美心心所 1、信(saddhā): 上に述べた、疑心所の八項目において、懐疑がなく、仏陀の功徳、法の功徳、サンガの功徳、戒・定・慧の三学、過去世、未来世、縁起を、深く信じる事。 2、念(sati): …

翻訳『禅修指南』8-13

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 四個の瞋因心所 8、瞋(dos): 速行心やで残虐な心;破壊する心。 9、嫉(issā): 他人の財産、富、栄誉に嫉妬する。 10、慳(macchariya): 己の財産、富を隠匿する; (+それらを)他人と享受する事が出来…