Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-05-03から1日間の記事一覧

翻訳『禅修指南』8-23(120/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《果報は斯くの如く(+であっても)、 速行は改変する事ができる》 「自性可喜所縁」(=自性的な喜ばしい所縁)(sabhāva iṭṭhārammaṇa)と「自性非常可喜所縁」(=自性的な非常に喜ばしい所縁)(sabhāva ati…

翻訳『禅修指南』8-22

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 所縁密集は、観禅の修習をする時に初めて、看破する事の出来る、名密集である。 観禅における、名法は二種類ある: 1、観照される名法。 2、智を導き手として、正に観の修習をしている最中の名法。 名法の観の修…

翻訳『禅修指南』8-21

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《四種類の名密集の看破》 色業処の章では、三種類の色密集(rūpa ghana)について、述べた。 ここでは、四種類の名密集について、述べる。 すなわち: 1、相続密集(santati ghana) 2、構成密集(samūha ghana…

般若の独り言~灯台下暗し

今日は、愛犬オハナ(ペキニーズ、雄、推定13歳)を連れて、車で五分のホテルに行ってきました。お目当ては、ホテル付属の、ドッグ・ランです。 と言っても、オハナは、他の犬と遊ぶ事は出来ません・・・動物愛護センターから引き取られたオハナを診察した、…

翻訳『禅修指南』8-20

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 次に、《中部・各別經》(Anupada Sutta)及び、その 註釈と疏鈔では、名法を識別する時、禅修行者は、依処色及び所縁を、同時に識別する必要がある、と言う・・・ すなわち: 名法は依処色に依存して生起する; …

翻訳『禅修指南』8-19

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《二門と所縁を同時に識別する》 《殊勝義註》(Dhammasaṅganī aṭṭhakathā)では、以下の様に言う: Tattha ekekaṁ ārammaṇaṁ dvīsu dvīsudvāresu āpāthamāgacchanti. Rūpārammaṇañji cakkhupasādaṁ ghaṭṭetvā ta…

翻訳『禅修指南』8-18

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> ここにおいて、註釈は、触の五法(phassa pañcamaka)を解説しているが、すれはすなわち、触を主とした、触、受、想、思、識の五種類の名法(+を言うのである)・・・というのも、それらは一切の心の中において…