Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-05-24から1日間の記事一覧

般若の独り言~百聞は一見にしかず

今、毎日『禅修指南』を翻訳しているのですが、翻訳しながら、胸がドキドキします。 すごいですよね、《己自身の縁起を調べる》とは、 <無明であるが故に、結生(受胎)する> 所から始まって、母親の胎盤の中で成長する己自身の、その因果関係(受胎の前、…

翻訳『禅修指南』9-38

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《有分五蘊》 有分色蘊 五個の過去因: 1、無明(20)は因、(業生色)有分色蘊は果。 2、愛(20)は因、(業生色)有分色蘊は果。 3、取(20)は因、(業生色)有分色蘊は果。 4、行(34)は因、(業生…

翻訳『禅修指南』9-37(210/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 結生想蘊: 五個の過去因: 1、無明(20)は因、結生想蘊は果。 2、愛(20)は因、結生想蘊は果。 3、取(20)は因、結生想蘊は果。 4、行(34)は因、結生想蘊は果。 5、業(34)の業力は因、結生想蘊…