Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-05-26から1日間の記事一覧

翻訳『禅修指南』10-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (ⅰ)これらの行の中において、福行とは何か? 善思の中には、以下の様なものがある: a. 大善思(mahākusala cetanā)(注39)は、欲界善思であり、布施、持戒と禅修によって造される(ここで言う所の、禅修とは…

翻訳『禅修指南』10-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> Tattha katame avijjāpaccayā saṅkhārā? Puññābhisaṅkhāro apuññābhisaṅkharo āneñjābhisaṅkhāro、 kāyasaṅkhāro vacīsaṅkhāro cittqasaṅkhāro. Tatta katamo puññābhisaṅkhāro? Kusalā cetanā kāmāvacarā rūpā…

翻訳『禅修指南』10‐4(255/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> Tattha katamā avijjā? Dukkhe aññāṇaṁ dukkhasamudaye aññāṇaṁ、dukkhanirodhe aññāṇaṁ dukkhanirodhagāminiyā paṭipadāya aññāṇaṁ、 Ayaṁ vuccati avijjā. 意味はすなわち: (上に述べた)「無明の縁ありて・…

翻訳『禅修指南』10‐3

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 3、Viññāṇapaccayā nāmarūpaṁ sambhavanti (識の縁によりて、名色が生起する) =(ⅰ)業識(因)があるが故に、果報名と業生色(vipāka nāma kammaja rūpa)が生起する。 (もう一つ別の法) =(ⅱ)果報識(因…

翻訳『禅修指南』10-2

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 1、Avijjāpaccayā(無明の縁によりて) =無明が原因で(すなわち、四聖諦を知らない事; 錯誤。これは因) Saṅkhāra(行) =今世と未来世の輪廻の為に造(ナ、以下同様)した業、すなわち善行と不善行(kusala …

翻訳『禅修指南』10-1(253/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第九章:縁起第一法 Paṭiccasamuppāda 《縁起分別》ーー經分別教法 Paṭiccasamuppāda Vibhaṅga Pāḷi Suttanta Bhājaniya Method 以下のパーリ文は、暗記されなければならない: ’Avijjā paccayā saṅkhāra、 saṅkh…

般若の独り言~250/520

<250/520>・・・これ、現在翻訳中の『禅修指南』の 翻訳が、半分まで来ました!!という表示です。 全編 520頁の内、省略する表(hatenaでは、複雑な作表ができない為)が 20頁程あり、正味 500頁とすると、ちょうど折り返し点に来た事になります。 520頁…

翻訳『禅修指南』9-52(250/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《法所縁グループ:目標=色法》 諸々の色法の中において、法所縁グループの目標としての色法は、五浄色と16微細色である。 それらの内のどれか一つを目標とする時、もし、如理作意であれば、善速行は生起する; …

翻訳『禅修指南』9-51

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《味所縁グループ》 味所縁グループ:五門転向受蘊 三個の現在因: 1、依処(意門の中の54色)は因、五門転向受蘊は果。 2、目標(味所縁)は因、五門転向受蘊は果。 3、a.有分意触(34)は因、五門転向受蘊は…

翻訳『禅修指南』9-50(240/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《声(=音、以下同様) 所縁グループ》 声所縁グループ:五門転向受蘊 1、依処(意門の中の54種類の色法)は因、五門転向受蘊は果。 2、目標(声所縁)は因、五門転向受蘊は果。 3、a.有分意触(34)は因、五門…

翻訳『禅修指南』9-49(235/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 《色所縁グループ: 不善グループ》 色所縁を目標に取る所の、不善グループ眼門、及び意門心路過程の中において、五門転向、眼識、受領、推度、確定、彼所縁、(有分心)、意門転向の識別方法は、善グループの識…