Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-06-01から1日間の記事一覧

翻訳『禅修指南』12-1(333/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 第11章:相、作用、現起(現象)、近因 Lakkhaṇa Rassa paccupaṭṭhāna Padaṭṭhāna 以下において、一つひとつの究極法の、各々の相などを解説する。 ☆相(lakkhaṇa、特徴の事):それが持つ特徴。 ☆作用(rasa、味…

翻訳『禅修指南』11-4(325/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 非業生食=非執取食 Imesaṁ sattānaṁ khādantānampi akhādantānampi bhuñjantānampi abhuñjantānampi paṭisandhicitteneva ・・・(《相応部註》)。 Paṭisandhicitteneva sahajātāti lakkhaṇavacanametaṁ. Sabbā…

<告知>湯布院法話会(6月21日)開催

6月21日 湯布院瞑想会 いよいよ開催! Bhante Ñānadassana(智見尊者/ミャンマー国パオ森林僧院ピン・ウー・ルウィン別院)ご来日に合わせて、湯布院にて、法話会を開く事となりました。 大分、九州在住の方々、原始仏教、パオ・メソッドに興味のある全国の…

翻訳『禅修指南』11-3

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (三)逆縁起第一法(末端から始めへ) ここでは、転倒した順序によって縁起を教える。 すなわち、末端の老死から一番前の無明までである。 逆縁起の順序とは: 1、老死。 2、生。 (上の二者は未来時に属する) …