Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-07-11から1日間の記事一覧

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」6-12

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 10.7 食生色の識別 《清浄道論》の中において、胃中物、糞、膿と尿という、この四種類の身分は、時節生食素八法聚によって構成されている、と言及されている。業生命根九法聚の消化の火の支援の下、胃中物の中の…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」6‐11

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> もし、第一世代の色聚の火界が、遍作定、近行定、安止定、観禅、道または果心から生じたものであるならば、その慧または定の強弱(+の程度)に基づいて、この過程は、多くの代を持続することができる。 これらの…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」6‐10

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 10.5 心生色の識別 一生の内において、(結生心を除いて)一切の、心所依処に依存して生起する所の、意界と意識界はみな、多くの、全身に分布する所の、心生食素八法聚(citta ojā aṭṭhamaka rūpa kalāpa)を、生…