Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2019-08-05から1日間の記事一覧

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」6-35(195/430)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 止禅行者及び見清浄を成就したいと思う修行者は、何か一つの色界禅または無色界禅(非想非非想処は除く)から出定し、その後に、相、作用、現起(現象)及び近因に基づいて、諸々の禅支とそれらに相応する所の名法…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」6-34(190/430)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 12.2 ジャーナ定心路過程 禅修行者がまさに初禅に証入せんとするその時、先に生じるのは意門転向心(manodvāravajjana)及びその相応する名法である。 次に、同一のジャーナ心路過程において、ジャーナ速行心がい…

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」6-33(189/430)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 12 名法の識別 我々はすでに、如何にして簡便に色法を識別するのかを理解した。 今、私は、如何にして名法を識別するのかを、説明する。 たとえば、もし、安般初禅ジャーナ名法を識別するのであるならば、あな…