Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。

雑談

般若の独り言~私の斜め掛けリック

私は日常的に、主婦が持つような手提げはやめて、<斜め掛けリック>を使っています(緬甸のパオ僧院で出家したSayalayなら、肩から、茶色のシャン・バッグを下げるのが本来ですが、それはちょっと横において・・・、シャン・バッグ、布製で、口があいている…

「『偽比丘』の見分け方」<菩提樹文庫>にUP

読者の皆様、おはようございます。 過日、私が翻訳してブログに載せました 「『偽比丘』の見分け方」 一文は、このほど校閲を終えて、<菩提樹文庫> (PDF正順)にて、掲載の運びとなりました。 近日中に公開される予定ですので、興味のある方は是非、ご閲…

(新)般若の独り言~パオ・メソッドについて

今、仏陀の教えがお好きな方々の中で、緬甸の高僧パオ・セヤドーが提唱されたパオ・メソッドが人気です(アメリカ、ヨーロッパを含む、全世界において)。 しかし、パオ・セヤドーご本人は、ご自分の提唱する修行方法を、パオ・メソッドと呼ばれるのを嫌って…

「ごまかさない仏教」その1、その2に関する訂正文

過日、私のブログ(1月31日付)において、宮崎哲弥氏と佐々木閑先生の対談本『ごまかさない仏教』の中で、宮崎氏による<名色分別智>の解説が間違っている事を指摘しましたが、その時に私が述べた説明において、若干の間違い、意味のずれがありました(ブロ…

(新)般若の独り言~台湾のリトリート

本日7日、台湾から那覇経由にて、般若精舎に帰ってきました。 早速、オハナ(ペキニーズ犬)の預け先に電話を入れて、明日迎えに行く打ち合わせなどして、なんとか、現実世界に適応しつつあります(笑)。 正味一週間のリトリートでしたが、最高でした。 指…

(新)般若の独り言~テラワーダと大乗仏教

私は子供の頃から仏教が好きで、大乗経典を手当り次第乱読していたのですが、大乗経典は何を言いたいのか、読んでも読んでもよく分からず、独学の為、教えてくれる師もいませんでしたから、大変に困りました(注1)。 仏教に人を救う力があるのかどうか、困…

(新)般若の独り言~人生の目的

本日、MSNの記事を見ていましたら「48歳で課長に成れなかった男の話」が載っていました。 もちろん、この男性(A)が<課長に成りたくて、いかに奮闘したか>というこのWEB記事内容が、彼の人格のすべてを現すわけではありませんから、私が以下に書く事は、彼…

是誰庵のひとやすみ~ごまかさな仏教~その2

佐々木閑先生と宮崎哲弥氏の対談本 『ごまかさない仏教』 なかなか面白かったです。 ただ一つ、ちょっと「???」と思う箇所があり、本日、読み直してみましたら、やっぱり「???」でしたので、一言申し上げます・・・ごまかさない為に~笑。 p173、文章…

是誰庵のひとやすみ~ごまかさない仏教ーその1

佐々木閑先生と宮崎哲弥氏の対談『ごまかさない仏教』を読みました。 なかなか読みごたえがある本だ、と思います。 対談の内容に賛否があるとしても、仏教に関して、自分には何が分かって、何が分かっていないか、<ごまかさない>という態度はとても大事だ…

是誰庵のひとやすみ~台湾のパオ

来月の下旬に台湾に行く予定です。 ミャンマーの西方、バングラデッシュの近くにお寺を開いている P尊者(パオ・メソッド指導者)が、台湾嘉義の法雨道場でリトリートを催しますので、それに参加してきます。 台湾には、四種類のパオ関連のお寺があります。 …

是誰庵のひとやすみ~感謝で生きる(翻訳番外編)

<感謝で生きる> 1、私を批判する人に、私は感謝する。 彼は私に、定と智慧を育成してくれた。 2、私に依存する人に、私は感謝する。 彼は私の、能力を高めてくれた。 3、私を捨てた人に、私は感謝する。 彼は私に、自立するように促してくれた。 4、私…

是誰庵のひとやすみ~イヌとカレー

以前、アチャン・チャーの本を読んでいて、こんな行が、ありました。 「タイのイヌを甘やかしてはならん。ご飯においしいものをつけてやると、もう白いご飯は食べなくなる。カレーをかけてあげないとな、たべないんじゃ」 我が家の愛犬オハナも、病気をした…

是誰庵のひとやすみ~アチャン・チャーの想い出

私が毎年タイに通って、パーリ・ダンマを学び始めたのは、もうかれこれ40年くらい前でしょうか。 小さい頃から仏教が好きでしたが、子供心になぜか大乗経典が仏説であるとは思えなかった私は、仏法の源流のインドか、またはタイやミャンマーでダンマを学びた…

是誰庵のひとやすみ~嘘をつく罪

我々が、仏教徒を自称するならば、在家は最低限<在家の5戒>を、出家者は<出家の五戒~227戒(比丘)、350余戒(比丘尼)>を遵守する必要があります。 その中で、在家にとっても、出家にとっても、重要な戒として「嘘をつかない(不妄語)」というのがあ…

是誰庵のひとやすみ~遺骨とお墓

昨日、セーターが一枚、編み上がりました。 以前買っておいた柔らかいアルパカの糸、白黒二本取りで編んだのですが、関東にいる孫の為の、小さなセーターです。お雛様に向けて、つるし飾りを幾つか作って、一緒に送ってあげようと思います。 私には息子が二…

是誰庵のひとやすみ~禅僧の断見

最近、ある所(WEB)で、日本の禅宗の、某著名禅僧が「輪廻はない」と言っているのを耳にしました。 私はよく台湾に出かけ、台湾で出版された中国語の仏教書を手に入れて読みますが、中国・台湾の禅宗の僧侶が「輪廻はない」などと言っているのを聞いた事がな…

是誰庵のひとやすみ~炎夏飄雪

九州はここ何日か、とても寒く、何度か雪が降りました。 山も丘も、庵の庭も、真っ白です。 この寒さで体調を崩していた愛犬オハナも、10日程薬を飲んで、元気が戻り、いつものように「おやつちょうだい」と、私の背中をトントン叩いてくれるのが、なぜか嬉…

是誰庵のひとやすみ~心無罣礙

昨日、台湾からたくさんの仏法書が届きました。 パオ・セヤドー(緬甸)、聖法大長老(スリランカ)、 達摩悟陀長老(マレーシア)など等、主にテラワーダのものです。 タイ僧皇 Chao Krom Phraya Vijirañāṇavarorasa の『戒律綱要(Vinayamukha)』もありま…

是誰庵のひとやすみ~悟った僧は・・・

世の中に、<悟った僧は、何をしても許される>という 一種の誤解が、広まっているようです。 これは特に密教で言われ、また大乗でも言われます。 密教の場合、20年前に事件を起こした、オ〇ム真理教の主張などがそうでしょう。 大乗(中国)では、悟った…

「身念処」2-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 精進、正念、正知の三者は、身・心の観照の時、同時に運用する。 もし、正念が強すぎる時、正知は弱くなる為、修行者はこの点に注意を払わなければならない。 この種の洞察力は、覚察力(=察知力)と言い、この…

是誰庵のひとやすみ~冥途の土産

私も、あと一年で古希を迎えます。 それに10を足すと80歳! え~~!私でも80歳になる日が来るのだ!(それまでの10年閒、大病や老衰、事故がなければ、ですが) 不思議ですね~~80歳! 70歳は不思議でないけど、自分が80歳になるのが、想像つかない(笑)…

是誰庵のひとやすみ~籠城中

今日は寒いです。 木枯らし吹いて、今にも小雪が・・・。 薪ストーブ焚いて、背中には石油ストーブ、いざという時は、電気カーペット・・・いやはや、簡素を旨とする Sayalay(僧尼)にしては、贅沢すぎますね(笑)。 近隣の知人、みなさん、この盆地が(近…

是誰庵のひとやすみ~『智慧の光』の読み方

私は1998年に、台湾でパオ・セヤドー著『智慧之光』(中国語版)を手に入れて後、当該書籍の日本語訳に取り組み、その後20年来、『菩提資糧』など、パオ・セヤドーの他の著作、テラワーダ系の、私が良い思った比丘尊者、メーチ(尼僧)の方々の著作も、何点…

是誰庵のひとやすみ~捨覚支について

先日、IT上で、台湾の仏教団体のWebを見ていましたら、<捨覚支>に関する説明が、載っていました。 ざっと申し上げますと、捨覚支の実践とは、 社会で起こっている色々な出来事は、結局は、己自身が5根を通して情報を受け取って、ああでもない、こうでもな…

是誰庵のひとやすみ~年末年始のお知らせ

師走も半ば、法師である私も、なかなかどうして、走っています。 とまぁ、これは悪い冗談ですが、それでもこれから先、年末になると値上がりしそうな商品は、いまからちょこちょこ買いだめしています(笑)。 1月は二週間程、タイに行ってきます。 2月と3月…

是誰庵のひとやすみ~在家の修行と出家の修行

今回、私のブログで「マハーシ瞑想」について述べましたので、その続きとして、一言。 30年ほど前でしょうか? 日本でマハーシ瞑想が流行りました。 坐禅しながら、己の腹の起伏を見て(=気づいて、以下同様)、または歩きながら足の上げ下ろしを見て、気づ…

是誰庵のひとやすみ~再び vipassanaについて    ~パーリ語マジック~

日本では、 vipassana という言葉が一人歩きをして、 非常に混乱しているように思います。 私たちが安般念(出入息の瞑想)をして、意識が少し深くなる時、例えば遍作定とか近行定とかの時点で、身体の色々な変化が<見えて>きたりします。 これまで、のん…

是誰庵のひとやすみ~ノジマライオン

先日、意を決して炊飯器を一個、購入しました。 インターネットで口コミ・評価を調べ、最安値を調べ、3合炊きの炊飯器を一個(ついでに、季節外れでアウトレットになっていたアイスクリーム製造機も一個)、Web上で、注文しました。 普通は、折り返しで「あ…

是誰庵のひとやすみ~パオ・メソッドは終わらない

私が台湾で若い仏教徒の女性から、パオ・セヤドーの著書『智慧之光』(中国語版)を貰ったのは、確か1998年頃の事だと思います。 最初のページを読んで衝撃を受けた私は、その本を日本に持って帰り、日本語に翻訳して、Web上に公開しました。 ただ、この本と…

是誰庵のひとやすみ~仏教徒は謙虚であれ

昨日のブログ「nimittaは万能か?」でも書きましたが、 仏教徒は特に謙虚でなければなりません。 修行が進んでいる人は、尚更に。 パオ・メソッドで修行が進んでいる人は、己の過去世が分かっています。過去には人であった事も、動物であった事もあるでしょ…