wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵日記>オハナとモモナ近況報告

インコのモモナちゃん、最近ツンデレ

籠のドアを開けてあげても、外へ出る気なし、なんてことあります。

今朝は、早く目が覚めたので(オハナがまだ寝ている隙に)、鳥かごを開けたら、モモナちゃん、出てきました。私、すかさず捕まえて懐にいれます。モモナちゃんは抱っこされるのが好きで、こうしてあげると、何時間でもじっとしています。ただ、オハナが起きてくれば、排泄の手伝いがあるので、ずっとモモナちゃんを抱いている訳にもいかず、籠に戻ってもらいました。

モモナちゃんは私の事を「チヨチャン」または「カーチャン」と呼びます。呼ばれると、私は「ハイハイ」と返事します。そうするとモモナちゃんは「アクシュゥ」といいます。それで私が籠の隙間から指を差し入れると、モモナちゃんは噛んできます。「それは悪いアクシュ」「イイコのアクシュは?」と言うと、今度はモモナちゃん、頭を下げて<アクシュゥ(ここ搔いて)>。

鳥って、賢いですね。別名<空飛ぶ賢人>だそうです、なるほど。

ペキニーズのオハナ、まるっこい顔に鼻ペチャ。東京は中野の有名な獣医師(野村先生)が、「自分は犬が好きで、どうせ飼うなら一番犬らしい犬であるドーベルマンを飼いたいけど、実は、犬で一番可愛いのはペキニーズ」とべた誉めするくらい。

「オハナ!おいで!」と呼ぶと、トコトコ蟹股でやってくる様子は、本当に可愛い。モモナちゃんと違ってワンワンとしか言えないけど、もうそれで十分(あっ、尻尾も振ってくれるよね・・・笑)。

今しばらく三人家族でやっていきます。