wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵仏教談義>誕生日に!!

世の中にはバカラ(秘数の占い)というのがあるようです。仏陀は占いをするなと言ったし、そんなこともあって、私は、バカラの原理はよく分かりませんが・・・。

実は、私の一生も、不思議な数字が付きまとっています。

「大きくなったらお釈迦さまの勉強をする!」と決めたのは 5歳 の頃で、「大人になったら緬甸に行こう!(何のためかはよく分からないけど、<いかなくっちゃ>という思いが膨らんだ)」と思ったのが、10歳の時。

15歳 の春は、山田無文師の所で出家しようとして、未遂に終わり・・・。

テーラワーダを学びにタイへ行き始めたのは35歳の頃で、パオセヤドーの「智慧之光」に感動したのが50歳の時で、実際に緬甸のパオ僧院に行ったのは55歳の時。

私にとってなにか重要な事柄は、なぜか 5 or 10 の数字と関係があるような塩梅で・・・。

で、パオセヤドーが「涅槃への一本道(仮題)」の執筆を完了したという事を耳にしたので、その中国語版が出来ているはずだと思い、雲南省西双版納のパオ中国分院(法住禅林)の web を調べたところ、予想したとおりに「涅槃への・・・」が、中国語に翻訳されて、ダウンロードできるようになっていました。

それで早速ダウンロードしてみてびっくり。

中国語版が出版された日、 2013年1月10日。

まさに私の誕生日!!!

これじゃ、「お前が翻訳しろ!」って言ってるようなもんでしょうねぇ(苦笑)。。

追補:ついでに言えば、現在65歳なので、「涅槃への・・・」を今、翻訳開始したなら、やはり 5 がつくし、12月に 出家すると やはり 5 が・・・、本当に不思議です。