wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

是誰庵仏教談義~34>ユーモアの心

今朝は、朝早くからM工務店に電話。

我が家のトイレを和式から洋式にリフォームしたくてM工務店から見積書を取ったのだけれど、見積書に書かれてある、設備業者(M工務店の相方)の言い値で便器を購入したくないと思い、WEBで調べて、疑問点をM工務店にぶつけた訳。

その時、Mさんから「だってそれ、前に説明してあるでしょ」とチクリと言われてしまった。でも、私は「それ」を説明された覚えはない。

ただ、これはどちらが悪いという事ではなくて、プロにはプロの説明の順序があり(それと、彼は大工さんであって、便器に関する専門的知識はない)、私は私で素人だから、重点の押さえ方がちょっとずれていただけ。

私は(お客さんを大事にせいよ!)と少しムカッとしたけど、その時突然、テクナットハン禅師の<息を吸って微笑もう、息を吐いて微笑もう>を思い出して、ちょっと微笑んでみた。

自分が素人で、お客なのだから、もっとしっかり説明して欲しかったという思いと、相手も生身の人間、パーフェクトにふるまうなんて無理なのだし、自分も思慮が浅かったなという思いで、気持ちが切り替わり、電話口でにっこり笑ってしまった。

気の利いたユーモアの言葉まではでなかったですが、相手を非難するのでなくて、明るい声で「すみませ~ん、また勉強して、聞きたい事がまとまったら、改めてお電話しますねぇ♪」と言って電話を切った。

ここへ越して来て 4年、村人の中に気の合わない、嫌いな人が何人かいるが、ユーモアでもって対処できれば、心理的に楽になるね、と思った次第(私は真面目、直球型。ユーモア、即ち、心の余裕が足りないんだなぁ~苦笑)