Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

パオ・セヤドー問答集~#239,240 >問答(15)問15-30,15-31<定学疑問編>

11月より長期リトリートに入る為、公開の翻訳文が少し多くなっています。よろしくお願いいたします。

#239-150926

問15-30 《清浄道論》の中で、定は近行定(upacāra-samādhi)と安止定(appanā-samādhi)の二種類があると書かれています。この論の中では、「刹那定」(khaṇika-samādhi)については、あまり触れられていないようです(一度だけ出てきた記憶が・・・)。「刹那定」のそもそもの定義とは、どのようなものですか?

答15-30 もしあなたが刹那定について知りたいのであれば、私は《中部・安般念経》の経文の一部を引用して説明しますので、しっかり聞いてください。

‘Samādahaṁ cittaṁ assasissāmī’tisikkhati、 ‘Samādahaṁ cittaṁ passasisāmī’ti sikkhati。――「彼はこのように訓練します:『私は平静な心で息を吸おう』;彼はこのように訓練します:『私は平静な心で息を吐こう』」

どういう意味か?あなたは専注する心で息を吸い、息を吐かねばなりません。《清浄道論》では、以下のように解釈しています。

平静(Samādahaṁ)心(cittaṁ):バランスよく(samaṁ)置く(ādahanto)、心を。すなわち、初禅などを通して、心を対象に対してバランスよく置く事。

あるいは、それらのジャーナに入って、次にジャーナから出た後、観智でもって、それらのジャーナと相応する心が必ず潰滅または壊滅するのを観照し、観智が生起した時に、刹那的な心一境性が、無常等の相を洞察する事を通して生起する事を知ること。ということで、「彼はこのように訓練します:『私は平静な心で息を吸おう』;彼はこのように訓練します:『私は平静な心で息を吐こう』」という表現は、このように生起した刹那の心一境性によって、心をバランスよく、瞑想の対象に置く修行者の事を指してもいます。

理解できましたか?私は更に説明を加えます。

まず、あなたは安般初禅に入り、次に初禅から出定します。そして、その後に、あなた初禅の34種の名法を無常・苦及び無我であると観照します。

同様に、あなたは第二禅に入り、第二禅より出定します。そして、その後に、第二禅の32種の名法を無常・苦及び無我であると観照します。

あなたは同様の方法で、第三禅と第四禅を修習します。

このように、あなたは先にジャーナに入り、次にジャーナから出てきて、その後にジャーナ名法を無常・苦及び無我と観照します。もしあなたがこのように修習するならば、ある種の「定」が生じます。当該の定は、あなたにおいて、ジャーナ法の無常・苦及び無我の本質に専注できるようにします。この種の定を刹那定と言い、それは非常に深い刹那定です。

概念または究竟法などを瞑想の対象として了知する事は、決して、刹那定ではありません。

あなた方は、刹那定とは何か、理解できましたか?これが刹那定のもともとの意味です。この種の刹那定は、特に観禅(vipassanā)の刹那定を指します。

このようであるから、もしあなたが目を閉じて色聚を見る事ができて、色聚の分析と究竟色法の識別が出来たならば、あなたは特別に定力を育成する必要はありません。もし、あなたがそのような状況でないならば、あなたは定を修しなければならず、定力を育成しなければなりません。

#240-150926

問15-31 禅師。禅定に入っている時、なぜ禅支の検査、観の修習ができないのか、詳しく説明して下さい。定の外で観を修するとは、どういう事ですか?出定後に禅支を検査する事が<定外修観>なのですか?

答15-31 定は三種類あります。すなわち、刹那定(khaṇika-samādhi)、近行定(upacāra-samādhi)、安止定(appanā-samādhi)又はジャーナ定(jhāna-samādhi)です。この三種類の定力の深さを比較すると、安止定は近行定より深く、近行定は刹那定より深い。ただ近行定または安止定から出てきた後でしか、禅支の検査または観禅(vipassanā)はできません。これは、瞑想の対象が異なる為です:禅支は近行定または安止定の対象にはなりえません;観禅(vipassanā)の修行をする時に専注する対象は、近行定や安止定の対象と同じではありません。

修行者が止禅を修行する時、たとえば安般念を修行する時、彼の近行定と安止定の対象は安般似相(ānāpānassati-paṭibhãga-nimitta)で、禅支ではありません。禅支に専注しても、近行定や安止定に到達する事はできません。修行者が一心に安般似相に対して非常に長い時間融入した後、彼が禅支の検査を開始しようとする時、彼はすでに近行定または安止定から出てきており、その時の彼の定力はただ刹那定のみです。これが、近行定または安止定の中で禅支を検査できない理由です。

「定外修観」とは、近行定または安止定から出てきて後、究竟名色の照見及びそれらの無常・苦・無我を観照する事を言います。これは止禅ジャーナ(sammatta-jhāna)の外で観照します;しかしながら、その時は、まだ刹那定があるので、当該の刹那定を観禅ジャーナ(vipassanā-jhāna)と言います。その前に修行者が入っていた近行定または安止定は、修行者にとっては、観禅の目標をはっきりと照見する為の強力な助縁になります。このように、止禅ジャーナは、観禅ジャーナを支援する事ができます。

観禅(vipassanā)とはすなわち、行法の無常・苦・無我を照見する事ですが、故に、修行者はただ禅支を検査しているだけの時、観禅(vipassanā)を修行しているとは言えません。観禅(vipassanā)を修行したいのであれば、禅支を照見する以外に、心路過程によって、ジャーナの中において共にある、その他の名法を照見しなければなりません。たとえば、初禅の中には通常34個の名法がありますが、修行者はそれらをはっきりと照見できなくてはなりません。これは見清浄の始まりの段階であり、観禅(vipassanā)の基礎でもあります。その後、修行者はそれらを無常・苦・無我として観照しなければなりません。

(翻訳文責 Pañña-adhika sayalay)

初めてご来訪の方へ:上記は、台湾より請来した「禅修問題与解答(パオ禅師等講述)」(中国語版)の翻訳です(仮題「パオ・セヤドー問答集」)。「智慧の光」「如実知見」の姉妹版として、アビダンマ及びパオ・メソッドに興味のある方のご参考になれば幸いです。(一日又は隔日、一篇又は複数篇公開。日本及び海外でリトリート中はブログの更新を休みます。Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu)。