Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

ブッダダーサ著「生活の中の縁起」(翻訳文)ー55

有と生、この二つの文字は、法(真理)の言語で理解しなければ

ならない。法の言語とは、「見法」の人が使う言語で、日常用語

で理解するものでは、ない。

日常生活の中では、死ぬのを待って再び生まれるといい、再度、

有と生が生起すると言うが、これは、人間としての肉体は、

一度しか生まれることができないので、死んだ後、棺にいれられ

て、その次に、新しい有と生が生じるのだと、言っている。

しかし、法の言語で言えば、一人の人間は、一日の内に、何度も

生まれる事ができる。

「私」「我」「私のもの」「我所有」(という感覚)が生じる度

に、有と生は生起する。一カ月に何百回、一年間に何千回、

一生の内に何億回の有と生が、生起している。

我々が、日常生活の中での有と生に、注意を向けるならば、

毎日たくさんの、有と生が生起している事が分かる。

我々が注意を払えば、すぐに知ることができる。

縁起はこの時、この場の事であって、死んだあとの、三世貫通

(の輪廻)を一回とすることでは、ない事を。

実際は、一日の内に、それは何度も運行され、受、愛、取が生起

する度、有と生は生じ、そして、一回分の縁起の流転を完成させ

るのである。

縁起は、毎日生活の中で発生しているもので、それは例えば、

落第した学生、失恋した女性等の心の中に起こるのであって、

日常生活の中で当たり前のように、みる事ができる事柄

なのである。(つづく)

(台湾香光尼僧集団翻訳グループ~タイ語→中国語

原題「生活中的縁起」中国語→日本語 Pañña-adhika sayalay)