wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

是誰庵のひとやすみ~60>心の浄化と布施の功徳

今、私は毎日、ブッダダーサの著作「生活の中の縁起」を

翻訳しています。

なぜ、ブッダダーサが「縁起とは日常生活の中の出来事

であって、三世輪廻の事ではない!」と声を嗄らして叫ぶのか?

このことは、タイの仏教界の現実と関係していると、思います。

アーチャン・チャーも言っていますが、タイ人はタンブン(功徳

を積む)のが好きです。仏教の祭日(仏陀誕生、成道、涅槃の

花祭り、入安居、出安居の儀式、衣を布施するカティナ祭等)

では、お布施をするために、人々がお寺に押し寄せます・・・

しかし、この人々の中で、どれほどの人が<心の修行>をして

いるか、というと・・・。

三世輪廻を言い、来世の幸せの為の功徳をいい、それによって、

お布施好きの仏教徒が増え、お寺はにぎわい・・・しかし、

<今・ここ>における<心の修行>をする人がいないと

したら・・・それは仏陀の本懐では、ありません。

アーチャン・チャーは「心の清浄の為の修行をしないで、お布施を

しにお寺を回るのは、汚い雑巾でものを拭く度に、雑巾がさらに

汚れていくのと同じ。そんな人はお寺に来るな!」

と言っていました。

三世輪廻はあるとしても、それを強調しすぎるのは、あんまり

いい事ない。それが、仏陀ご在世の当時のバラモン教(現ヒン

ズー教)の病い(四姓差別の発生と強化、体制維持と宗教の

政治的利用)でもあった訳で。