wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

ブッダダーサ著「生活の中の縁起」(翻訳文)ー56

次の問題は、受が出現する前に、すでに無明、行、識、名色、

六入と触が具備されていることを、皆様に知ってもらうために、

どのように説明すればよいか・・・ということ。

しかし、これはそれほど難しい問題ではない。

罪深い一番の犯人は、受である。

我々はすでに、<受>とは何か、をみてきた。

それは、我々の日常生活の中で、不断に発生しているものである。

しかし、あなたが受について、もっと詳しいことを知りたいの

ならば、その前へ前へと遡らなければならない。

受は触からきており、触は境に応じた六入(当該の境によって

造作される六入)からきており、六入は名色からきている。

名色はどれか一つの識(当該の境によって造作された識)から

きており、識は行(当該の境によって造作された行)からきて

おり、行は無明よりきている。無明は、一回の流転・捻転の

始まりで、無明を取り除くことができれば、その他は

発生することがない。

ということは、(無明がないとき)苦を受ける名色、六入、触、

受はみな、生起することがなく、ただ苦のない現象が、

発生・生起するにすぎない。

このように、無明が存在すれば、苦を受ける名色、六入、

触と受が生起する。

私は再度、以下の事を強調し、皆様に自覚を促したい。

日常用語と、法の用語の違いを仔細にしっかりと理解して

頂きたい。<生>という文字は、日常生活の中では、

母親の子宮から生まれ出ることと定義されるが、

法の言語の中では、生は、ある種のものごとの生起をいい、

その作用によって苦が生じ、それは無明を根本原因としている、

と言っているのである。

例えば、今この時、名色は未だ生じておらず、「我(私)」

「我所有(私のもの)」(という感覚)はまだ発生していない

ので、あなたがここに座って、一生懸命お経を聞いている

として、その時は別に愛と取は発生しておらず、縁起は

生起していない。これを<自然の状態>という。

これまで私が(うるさく)言い続けてきたのは、縁起に

使われている言語は法の言語であり、特別の意味内容を

持っているものである事を、皆さんに理解して頂きたい

がためである。

縁起の言葉を、日常用語と混同してはならない。一たび混同

すれば、誤解が生じる。特に<生>という言葉については。

(つづく)

訳者コメント:精神世界の本で、よく<あるがままでいい>と

書いてあるものがありますが、これがくせもの。本当の

あるがまま、<自然の状態>で生きるというのがどういう

事か分かっていないと「私、あるがままでいいのね」と、

一時の自己満足、自己承認に陥り、しかし、実は、お悩み

解決能力ゼロ、なんてことがある。あるがままでいい、

という甘い囁きは、人を安直に安心させる<飴>であって

はならない。

あるがまま自由に生きるには、やはり相応の研鑽が必要では

ないか、と私は思う。

(台湾香光尼僧集団翻訳グループ~タイ語→中国語

原題「生活中的縁起」中国語→日本語 Pañña-adhika sayalay)