wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

ブッダダーサ著「生活の中の縁起」(翻訳文)ー69

縁起を、三世を貫通するものとして説明するのは、完全に

間違っている。というのも、そのような説明は、現実の修行に

生かせないから、である。

修行に生かせない理由は、因が前世にあり、果が今世にあると

いう言い方・・・もし、因が前世、果が今世にあるならば、

人生に起こる問題を、解決する事は決して、できない!

もし、今世の因が、来世の果をもたらすならば、愚か者が

夢の中で素敵なものを手に入れたと喜ぶ以外、人々に

何の利益を、もたらす事ができるだろうか?

それに、三世の解釈は、「法」の基準とも合わない。

すなわち、「直接体験し、今すぐに成果を得ることができる。

皆、来たりて、みるがよい。内に向かって観照し、智者自ら、

体験し実証せよ」(と仏陀が述べた事と合わない)。

それは常見の霊魂または自我(の存在)を言うが、全く益の

ない事であり、修行に利用する事ができない。

故に、我々は、このような知見と概念を手放し、原始パーリ

経典に戻ろうではないか!

これらの原始のパーリの経文は、文字(文脈)の上からも、

意義の上からも、正しいのである。(つづく)

(台湾香光尼僧集団翻訳グループ~タイ語→中国語

原題「生活中的縁起」中国語→日本語 Pañña-adhika sayalay)