wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

是誰庵のひとやすみ~愛犬オハナ

先日、ポリープの検査で医大に行った。

「もし、ポリープが見つかったら手術で一泊」と思い込み(今は超音波

で焼くので、一泊しなくてもよいらしい)我が家の愛犬オハナを

どうするか、困ってしまった。

普段なら、一泊ならギリギリ、サークルの中で大人しくお留守番を

してくれる(オシッコ・シーツを敷いておく)のだが、今回は、

熊本大分地震でオハナが怯えて、私が出かけようとすると後追い

するようになっていたから・・・。

で、facebookで近所の<犬の散髪屋さん>を見つけ、そこで散髪

(ワンコの場合<トリミンング>ですか)するのを交換条件に、

一泊預かってもらえる事になった(実際には、ポリープが小さ

かったので切除しない、という事で、当日、戻ってきたけれど)。

現在、オハナは、頭はワカメちゃん、尻尾はライオン、全体としては

小さな子豚みたいになっている。これからやってくる夏に向けて、

2mmの超短毛に刈ってもらったから(笑)。

オハナは、実は捨てられっ子である。れっきとしたペキニーズなのに、

佐賀県の山の中を、首輪をもなく彷徨っていたのを、登山者が見つけて

保健所に通報。拿捕された当時は非常に荒れていて、だれかれと無く

噛みつくので、<即刻殺処分>決定されてアワヤという時に、保護団体

に救い出された、という経歴の持ち主。

私がこの子を引き取って5年。元々ペキニーズは愛情深い勇敢な犬な

ので、今は、私にとって本当に良い相棒になってくれている(血統に

チベット犬<ラサ・アプソ>が混じっているのが嬉しい)。

愛護団体がつけた名前はありふれたものだったけれど、私がオハナと

改名した。オハナとは、ハワイの言葉で<家族>である。がしかし、

大分弁のアクセントでは「お花」になってしまい、「オスなのにお花?」

と時々、不審がられるので、参っている(苦笑)。閑話休題