wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-14

仏陀が発見した安住~

その後、仏陀は引き続き、大空の修習について開示した:

「然而、阿難、於此有如来所発現的安住:通過不作意一切相

而進入及安住於内空。若如来如此安住時、諸比丘或比丘尼

衆男居士或女居士、諸王或大臣、衆外道或他們前来見他、

那麼、以傾向離群隠居、独居、楽於出離及已完全断除諸漏

根基的心、他肯定只会以傾向遣散他們的心給与開示。」

上記の意味は何か?

出家したばかりの無智なる比丘がいて、「世尊は牛を田野に放牧

するみたいに、我々を社群から引き離し、群れから離れて隠居

せよと訓戒する。しかし、彼自身の周囲には、多くの王と大臣が

いて、彼を取り巻いている(=ではないか)」と言う事がある

かもしれない。

このような批判を封じるために、仏陀は、法話を始めるその初めに、

このように言った。それは、仏陀はたとえ世界に遍満する社群の中

に座っていても、ただ一人で静かにしているのと同じだという事を

示している。

また、仏陀は《相応部・蘊品・花経》(Saṁyutta Nikāya、

Khandhavagga、Puppha Sutta)の中でこのように述べている:

「比丘たちよ、一輪の青蓮または白蓮は、水の中に生まれて、

水の中で成長し、その後に水面に出て水の汚染を受けない。

このように、比丘たちよ、如来はまた、世間に生まれ、世間で

成長するが、その後に世間を超越し、世間に汚される事なく

安住する。」(= )訳者。(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)