wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-21

近行定の段階では、諸禅支が未だ相当に弱い為、有分心が非常に

頻繁に生起する。しかし、安止定の段階になると、諸禅支は、

ジャーナを一定時間維持できるほどに、強くなる。

ここで言う有分心とは何か?

《アビダンマ論》に基づいて簡単に説明すると、心は二種類に分ける

事ができるが、それは心路過程心(vīthicita)と離心路過程心

(vīthimuttacitta)である。

心路過程とは、生命の中で、心の流れが活発な一面を持つものである;

離心路過程心は、結生、有分及び死亡の時に出現する不活発な心である。

心路過程が生起していない時、有分心が生起するが、それは前の世の

臨死の時に出現した目標を縁とする。心路過程が再度生起する時、

有分心は停止する。有分心の生起は、心の流れを停止させないためであり、

ゆえに、有分と呼ばれるが、すなわち、生命の相続流または生命の成分

の事である。

それは、過去世において造られた業力が引き寄せ、生じさせた果報心

である。それは、現在の目標を縁に取ることができず、ただ過去の

目標を縁とし、ゆえにそれは、不活発な心、または離心路過程心、である。

このようであるから、それは安般似相などを目標とすることができない

近行定の段階では、諸禅支が未だ相当に弱く、長時間定力を維持できない為、

有分心はこの段階においても、非常に頻繁に生起する。もしそれが、

何分間か継続して生起すると、修行者は自分がなんらの目標も認識

しない、と思ってしまう。

なぜか?

有分心は、現在の目標、例えば、安般似相等々を縁に取ることが

できないからである。それはただ、前世の臨終の時に出現した

過去の目標しか縁とすることができないのである。

縁起の修習をすると、多くの修行者はこの事が理解できるよう

になる。故に、有分心を暫定的に生起させないためには、

あなたは強くて力のある正念でもって、安般似相を専注しなければ

ならない。もし、有分心を調伏することができ、かつ、安般

似相を深く専注する事ができたならば、あなたは、久しから

ずして、ジャーナを証する事ができる。

これが初禅で、その中には五禅支がある。それらは非常に強く、

あなたをして、長い時間ジャーナを維持させる事ができる。

(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)