Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-37

三聖道へ向かう道~

《大空経》の中で、仏陀は以下のように言う:

「阿難、有此五欲之弦。是那五個?眼所識知的顔色、是所望、

所欲、可喜、可愛、与欲楽有関及能誘発貪欲。耳所識知的香・・・

耳所識知的声・・・、舌所識知的味・・・身所識知的触、

是所望、所欲、可喜、可愛、与欲楽有関及能誘発貪欲。

這些是五欲之弦。」

これまでにおいて、仏陀は、すでに須陀洹道と斯陀含道に至る

修行方法について語っているが、ここでは、阿那含道を証悟し

たい人に必要な観智、それでもって欲欲の断除に到達する事、

すなわち、欲楽への貪欲を断除する事について述べている。

(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)