wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-53

無生物の不浄観は、死体の不浄を観察する。

先に、外部にある死体の不浄が厭わしい事を観察し、定力が深くなって、

禅支が明確に確認できるようになった時点で、自己の内部を観察し、

以下のように省察する:自分もいつかは死ぬ。死ねば、外部にあるこの

死体と同じようになる、と。

定力が深まると、自分の死体を見る事ができる。このように内部、

外部の死体の不浄を観察することができるならば その後、自分が

貪愛する有情衆生の、死体を観察することができ、そうなれば、

有情衆生に対する貪愛を断つことができる。

観禅の不浄観は、究極の色法を分析した後、これらの色法はすべて、

不浄で厭うべき色彩、音、臭いなどと関連している事、又、身体の中

には、各種の虫が充満している事、身体は虫の便所、虫の病院、虫の

墓場である事を省察する。

このように(+自己の)内部と外部の不浄を観察するならば、有情

衆生への貪愛を断ずる事ができる。

(+ )訳者。(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)