wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-90

大悲心と方法善巧智~

至上願と同じく、「大悲心」と「方法善巧智(=方便)」もまた、

波羅蜜の条件になる。

ここでは、方法善巧智とは、布施とその他の9種類の品徳を、

菩提資糧に転換する智慧、であると規定する。

大悲心と方法善巧智を具備した状況の下、あの大いなる偉人は、

他人の幸福のために全身全霊を投入し、全く己自身の楽しみを

顧みることなく、また、極めて困難なる菩薩道にも

怖れることは、なかった。

そして、菩薩の本質とは、他人が彼の事を見るだけでも、

聴くだけでも、思い出すだけでも、利益と幸福を得る事が

出来ることであるが、それは、たとえ彼の影であっても、

伝聞であっても、彼に対する思念であっても、信心を引き

起こす事ができるからである。

菩薩は、智慧を得る事を通して仏陀の性格を円満成就

しているそして、大悲心を通して、仏陀の任務を遂行する。

彼は智慧を得る事を通して苦海を抜け出す;

そして大悲心を通して、衆生を救う。

彼は智慧を通して、苦に対して飽き飽きし、嫌悪する;

そして大悲心を通して苦を楽とみなして、衆生を救うことに

尽力する。

彼は智慧を通して、涅槃を証する事を発願する;

そして、大悲心を通して、生死の中で輪廻する。

彼は大悲心を通して、引き続き生死輪廻する;

そして、智慧を通して、彼はその中に楽しまない。智慧を通して、

彼は一切の執着を断つが、しかし、その智には大悲が含まれて

いるので、他人の利益のために働く事を拒否しない。

悲心を通して、彼は一切の衆生に対して、憐憫の情を持って

いるが、しかし、その悲には智慧が備わっているので、彼の心に

執着が起こる

ことはない。

智慧を通して、彼は「私がなした」とか「私のなしたもの」とか

の執着は無く、大悲心を通して、彼は懈怠することもなく、憂鬱

になることもない。

同様に、智慧と大悲心を通して、彼は自己と他人の保護者、賢者と

なり英雄となり、自己をも他人をも、責め苛むという事がなく、

そして、自己と他人の利益と幸福を促進し、無畏であると同時に、

無畏の施主でもある。

の心全体が、ただただ、法と世間のためにのみ存在している。

彼の心は感恩を知っており、他人に報いようとする。

明(=事柄に対する理解)と行(=行為、実践)が兼備され、

愚痴なく、愛なく、「力」と「自信地」を擁している。

このように、大悲心と智慧は、波羅蜜の一つ一つの成果を獲得

する方法なのである。それらは、ただ単に、波羅蜜の基礎に

なるだけでなく、至上願の根本条件でもある。

もし、あなたが菩薩になりたいのであれば、あなたは、

上に述べた文章に細心の注意を払い、省察する必要がある。

悲心と智慧のバランスは非常に重要である。

というのも、あなたの悲心が強すぎ、かつ智慧が多くない時、

あなたの悲心は、視覚障碍者の悲心となってしまう。

道路の状況を見ることのできない視覚障碍者が、他人を導こうと

する時、他人をば、危険が充満している脇道に、連れていくかも

知れない。

同様に、あなた自身、たいして智慧がないのに、何が何でも

衆生救いたいと考えるなら、あなたは菩薩になる事もできないし、

衆生を救う事もできない。それに、智慧を基礎としない悲心は、

強大になることはない。

ただあなたが、奥深い智慧を擁する時にのみ、例えば、行捨智の

ような智慧を持つときで、かつ、10波羅蜜を実践する決意を堅持

する事が出来た時に初めて、我々は、あなたが、あなたの悲心

にとって、良き基礎を打ち立てた、と言う事がでる。

なぜか?

行捨智(+の獲得)を通して、あなたには、内、外、過去、

現在と未来の五蘊への執着が已に、大いに軽減しているからである。

あなたの心は、已に、生死輪廻を喜ばないか、または執着しなく

なっている。

しかし、あなたはそれでもなお、衆生の利益のために生死輪廻を

選択する。

こうしたことから、菩薩道を修したいと思う人にとって、奥深い

智慧を育成するのは、必須な事柄なのである。

反対に、あなたの智慧が非常に強力であって、しかし、あなたの

悲心が、菩薩道を修し続ける事ができる程の強度がない時、

あなたは自然に、阿羅漢になる道を選択し、仏になる道を

選択しない。

故に、もしあなたが菩薩になりたいのであれば、悲心と

智慧をバランスさせる事は、非常に重要なのである。

(+ )(= )訳者。(つづく)

訳者コメント:私は子供の時から仏教が好きで、大乗経典を乱読

していたのですが、どれを読んでも隔靴掻痒、もうひとつピンと

こない。<お前には、大乗仏教徒としての素質がないのだ>と

言われればその通りなのでしょうが、パオ・セヤドーのこういう

説明を聞くと、たちまち腹落ちする。テーラワーダは単刀直入、

分かり易いと思うのは私だけでしょうか。

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)