wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-101

このように省察する時、彼は、己の生命と身体に対して、

いかなる顧慮を持つこともなく、悟りの為に、それらを

捨て去ることができる。

故に、彼の身・口・意は、非常に容易に浄化され、昇華される。

菩薩は、このように己の身・口・意を浄化した後、善悪を分別

する智慧を擁する(+ようになる)。

故に、彼は、真に、衆生へ、ますます多くの財施無畏施

法施が、できるようになる。

これが、菩薩が、布施波羅蜜を省察する方法である。

菩薩は、ただ単に、布施波羅蜜をどのようにして成就させよう

かと、省察するだけでなく、それは必ず、実践を伴うものである。

我々の菩薩が維山達拉王であった時、彼は自分の愛娘を、非常に

悪質なバラモンに布施し、妻を、バラモンに化けた帝釈天王に、

布施した。

我々の菩薩は、ただ単に、自分の外に属している親愛なる妻、

娘を布施として差し出すだけでなく、自己の生命をも、

その他の衆生に、差し出した。

その中の一つの過去世において、我々の菩薩は王子であった。

ある日、彼は森に出かけて行き、餓えてもうすぐ死にそうな母虎

と、彼女の三匹の小さな虎の子を見た。

その時、王子の心の中に、きわめて強い悲心が生じた。

彼らを救うために、彼は崖の上から飛び降り、自分の身体を

食物として、彼らに布施したのである。

これは、一種の至上の布施である。

我々の菩薩が動物であった時も、彼はこの種の布施をする事が

出来た。

ある時、我々の菩薩は、一羽の野兎であったが、

バラモンに化けた帝釈天王に、自分の身体を布施として

差し上げるために、帝釈天王が起こした焚火の中に、

彼は、喜んで身を投げたのである。

(+ )訳者。(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)