wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵のひとやすみ~仏陀を守ったコブラ

私は日夜、仏陀の教えを実践する努力をしている仏教徒(追補)

ですが、我が家には仏壇はありません。

先祖の位牌を持っていませんし、先祖への感謝は心の中ですればよい、

と思っています(私は、特別先祖が尊いというより、生死輪廻して

いる命は、皆平等という考えです)。

神々には礼拝しません(ガネーシャの像は持っています。

ガネーシャは、ユーモラスで可愛いです)。

仏像は、2尊持っています。

一つは、タイの森林寺院で修行している時に、当時の住職

さんが下さったもので、緬甸製。もう一つは、去年台湾で

修行した時に、お寺から修行者への布施という形で、

頂いてきたものです(これも緬甸製ですが、こちらの方が

ハンサム。前者は大理石の彫刻で、田舎のおじさんが

彫ったような、素朴タイプ)。

仏壇がないので、この2尊は、薪ストーブの上に飾っています。

今日、グラジオラスを5本、花瓶に入れて、仏像の側に置きましたら、

逆L字形になった一本が、ちょうど天蓋のように仏像に掛りました。

それはまた、仏陀が悟った後、禅定に入った7日間、雨から彼を

守り続けたコブラのようでもあります。

私たちが仏像に礼拝するのは、偶像崇拝ではありません。

般涅槃に入った仏陀が、礼拝すれば、何かしてくれる、とは思って

いないからです。

ただ、彼の教えた法は、我々の、混乱する日常を整え、行く道を

指し示してくれる、という感謝の気持ちで、礼拝します。

 

話は変わりますが、大日如来は、宇宙の理法を表していますが、

それを、大日如来釈迦如来は、どちらが偉いのか?と

問う人がいます。

如来>の意味がよく分かっていない上に、宇宙の理法も、

仏陀(の法)も、人物像にして、可視化してしまったのが、

誤解の元なのでしょう。

私も、長い間、神様は、白いひげを生やし、右手に杖を

持ったおじいさんだと思っていたので、人のことはいえ

ませんが・・・(笑)。

その点、決してアッラーを可視化しようとしないイスラムは、

宇宙原理は受肉した人間の知る所ではない、という思想を

徹底して守っているという訳ですね(イスラム世界で見られる、

あの幾何学模様は、限界のある人間が表せる宇宙原理の内の、

最も美しいもの、なのでしょう)。

(追補:厳密にいうと、聖の預流果になるまでは、本当には

仏法は理解できず、故に仏教徒とは言えず、凡夫は<信者>と

呼ぶそうです ← タイで聞いた話)。

閑話休題