wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-114

出離波羅蜜についていえば、それは、大悲心と方法善巧智を基礎

とした出離心であり、それは欲楽と生命の不円満を了解した後、

生じる所の捨棄の心である。

その特徴は、欲楽と生命の捨棄であり;作用は欲楽と生命の不円満を

見通すことであり;現起(=現象、結果)は、欲楽と生命から遠く

離れることであり;近因は恐怖智である。

菩薩は、在家生活の欠点を省察しなければならない。

すなわち、それは妻子と子供達への責任と束縛であり、貪欲の道である、

などである。

反対に、比丘の生活の長所を、省察すること。

すなわち、天空のような広い自由、不必要な責任に束縛されない、

などである。

《中部・苦蘊経》では、以下のように言う。

我々は、欲楽の目標は、比較的多くの憂慮と悲痛を齎し、それは

決して楽しくはない、という事実をしっかりと覚えておく必要が

ある、と。

欲楽の目標を追求する時、熱い、冷たい、蚊、蠅、風、日照り、

爬虫類、ノミ、昆虫などがもたらす苦痛を、経験しなければならない。

欲楽を懸命に追及しながら、それに失敗した時にやってくる失望感、

傷心とイライラを、しっかり見極める事。

それらを獲得した後、それらが、五つの敵からの損害をうけないように

保護できるかどうかを心配し、憂慮せざるを得ない事を、認める事。

欲念によって悪を造した人は、今世において32種類の、深刻な果報に

直面するのを認める事。

来世において、四悪道に生まれた時に、極めて大きな恐怖を伴う

苦しみに出会うことを見極める事。

これが、出出離波羅蜜に対する省察である。

(+ )訳者。(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語翻訳文責Pañña-adhika sayalay)