wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-132

決意波羅蜜について言えば、それは大悲心と方法善巧智を

基礎にして、善を行い他人を利益する事に全く動揺しない

決心の事を言うか、または、この決心をする時に

生じる心を言う。

その特徴は、菩提資量の修習への決意。

作用は、菩提資量と対立する法との対峙。

現起(=現象・結果)は菩薩行を動揺しないで修習する事。

近因は、菩提資量。

決意波羅蜜は以下のように省察される:

「もし、何らの動揺なしに布施波羅蜜等の善行を

修習するならば、敵対する煩悩に出会った時、我々は動揺なく、

安定して善を行う事ができない。もし、動揺のない事や、

安定する事がないならば、我々は善く巧みに、勇猛果敢に

善を行う事ができない。

善い巧みさと勇猛果敢が無い時、正等正覚の先決条件、

すなわち、布施波羅蜜等などを成就する事が出来ない。

ここで、私は簡単に、あなた方に、徳米亜王子の物語を説明し、

我々の菩薩が、如何にして、決意波羅蜜を修習したかを、

紹介したい。

ある時、菩薩はカーシ国の国王の王子として生まれ、

名を徳米亜と言った。

王子が生まれて一カ月の時、彼の父王は、彼を抱いて四人の

コソ泥の裁判をし、四人とも処罰を受けた。

王子は、驚きと悲嘆を感じ、心の中で「私はどうしたら、

この宮殿を抜け出せるのだろうか?」と思った。

次の日、彼が一人で白色の天蓋の下に横たわっていた時、

彼は、自分の過去世を思い出した。

彼は前の生では、33天の中の男神であった。

彼は更にもっと前の過去世を思い出してみると、前の二番目の生

では、地獄にいて8万年もの間、苦しみを受けた。

彼は、なぜ自分が地獄に落ちたのかを省察してみて、

その前の前世において、彼は20年間国王を務め、彼の父親

同じように、犯罪者の裁判をやっていた。

この事を思い出すと、彼はまたもや国王になるのかと思うと

恐れが生じた。

その時、彼の天蓋を守っていた女神は、彼の過去世においては、

彼の母親であった。

女は菩薩を抱いて言った:「坊や、怖がらなくてもいいのよ。

もし、坊やが宮殿から離れたいのであれば、口がきけない、

耳が聞こえない、全身の力が抜けた身障者の振りをしなさい。

そうすれば、坊やの願望は実現するでしょう。」

その時、王子はすぐに、そのように実行した。

その後の16年間、王子は各種の試練を経たが、自分の決意に

関しては動揺する事はなかった。

最後に父王は命令を下して言った:

「私の息子は本当に口がきけない、耳が聞こえない、

全身の力が入らない。彼を墓場に連れて行って、生き埋めに

しなさい」。

その時、一人の御者が、国王の命令によって、

徳米亜王子を墓場に連れていって、生き埋めにしようとした。

彼が地面を掘っている時、徳米亜は、自分はすでに自由の身で

あることを知り、身体を動かし、話を始めた。

このように、彼は16年という長きに亘って、色々な厳しい試練に

見舞われたが、彼はなおも、動揺しない一枚岩のように、

心が堅固であった。

彼の堅固で動揺しない決意は、非常に難度の高い決意である。

人は、徳米細王子のように全力を尽くして、動揺することなく、

決意した任務を実行して初めて、菩薩が修習する所の決意波羅蜜を

成就する事ができる。

(= )(→ )訳者。(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)