Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

是誰庵のひとやすみ~梨ロード

今日は、早朝から医大に行ってきました。

先般、甲状腺にのう胞がみつかり、良性ながら、胞の後ろに悪性の腫瘍がかくれているといけないので、時々検診に来るようにと、医師に言われています。

エコーによる検診自体は5分くらいで、あっという間に終わりました。

最初の予定では、ここから大分市内に入って、大型店をいくつか回って買い物をするつもりでしたが、何しろ暑い。

ただでも車の運転が下手な私、この暑さの中で道を間違えて、見知らぬ街をグルグル回るようなことになったら、ちょっとつらい。

それで欲を出さず、買い物はあきらめて、普段通りなれている道を走って、家に戻りました、途中<梨ロード>を通って。

もう梨の季節なんですね、知りませんでした。

医大から我が家に戻る道の沿道に、直販の梨を売るためのプレハブが何軒も建っています。

そのうちの一つに寄ってみると、値段の立札は300円、500円、1000円とあります。

300円のは立札だけで、商品がなかったのですが、思い切って「これ、売り切れですか?」と聞くと、「いや、ありますよ~」と言いながら、お店の人がプレハブの中に入り、300円分の梨の入ったビニール袋を手に戻ってきました。

家に戻って確認すると、なんと、所々星(キズ)の入ったB級品ではありますが、6個も入っていました。

私は、くだものは梨と桃が好きです。

桃はお高いですが、梨ロードの梨なら、お腹一杯食べられそうです。