Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-155

如何にして智慧波羅蜜を修習するのか?

智慧の光が、愚痴(=愚かさと無知)の

黒とは共存できないことから、智慧

波羅蜜を修習する菩薩は、愚痴に落ち込む

原因を避ける。

それはたとえば、善法に反感を覚える

(arati)、懈怠、昏沈(正念のない事)

のまま手を伸ばす等で、反対に、更なる

広範な智慧、各種のジャーナ等を獲得する

ために尽力する。

智慧には三種類ある:

一、聞所成慧(sutamaya paññā):

二、思所成慧(cintāmaya paññā):

三、修所成慧(bhāvanāmaya paññā)。

 

一、聞所成慧

(聞諦とも言われる)聞所成慧を成熟

させるために、菩薩は方法善巧智を基礎

として、正念、精進と智慧を具備して、

細心に、読み、聞き、学び、覚え、問い、

そして分析と研究をすることによって、

聞所成慧を育成する。

聞所成慧の全体的な構成は以下の通り:

(一)五蘊、12処、18界、四聖諦、22根、

12因縁、四念処などによって構成される

37菩提分、及び善悪などによって設定され

各種の順序。

(二)指弾されることのない、衆生にとって

楽と利益と幸福を齎すことのできる

世間的な知識。かくのごとくに、菩薩

は聞所成慧を育成して智者になり、

自己を成就し、また、他人のために智慧を

確立する。

同様に、衆生に奉仕する為、菩薩は

その場で即刻適切に利用できる智慧を

育成するが、れはすなわち、方法善巧智

(=方便)である。

この種の智慧を運用して、菩薩は人々と

交流する時、益になる要素と破壊に導く

要素とを明確に分別する。

二、思所成慧

同様に、菩薩は、五蘊などの究極法を深く

省察することを通して、思所成慧を育成

する。(細心に読み、聞き、学び、五蘊

などのの究極法を覚えることを、

思所成慧という。先に思考し、その後に、

すでに読んだもの、聞いたもの、学んだもの

及びすでに覚えたものに関する、諸々の

究極法を省察するのが、所成慧である。)

三、修所成慧

同様に、五蘊などの究極法の特相(=特徴)

と共相を徹底的に理解して、俗諦の知識を

確立した後、菩薩は前に述べた部分の修

所成慧(禅修を通して自ら体験・証悟した

智慧)を確立する為、禅の修習をする。

それはすなわち、前九つの観智、たとえば、

有為法の無常、苦、無我を観察する思惟智

である。

このように観智を修習し、菩薩は全面的に、

身体の外および身体の内部の物質は、

すべてただ名色の現象にすぎないことを

観る:

「これらの自然現象は、ただ名色にすぎず、

因縁によって生滅しているに過ぎない。

際、造作する者はおらず、また被造作者

いない。名色は生起すれば必ずや消失

するもので、故にそれは無常である。

それは不断に生滅しているがために、

苦である。

それはコントロールしがたいものであるから、

無我である。」

このように、内外の物質の実相を観照し、

彼はそれらへの執着を捨て、また他人が

そうできるように支援もする。

仏になる前、菩薩は大悲心によって、

衆生が三乗行道(paṭipatti。この三乗の行道

を通して、衆生は三種類の菩提を成就する

ことができる)に入るよう手助けし、

または行道に入った人が成熟に到達する

よう支援する。

彼自身に関しては、菩薩は、ジャーナの

五自在と諸々の神通を得られるよう、

尽力する。

ジャーナと神通の定力の助けを借りて、

彼は智慧の最高峰に到達する。

(以上が智慧波羅蜜の修習の方法である)。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

訳者コメント:「無我」の定義は重層的で難しい。上記では、パオ・セヤドーは、無我=(諸々の縁起は)コントロールできない事、としている。ブッダダーサ尊者の著書では、無我=自我のないこと、としている。インド人がアナッターというとき、最初に思い浮かべるのはどの意味なのでしょうか?一度、インド人に聞いてみたい。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>